知らなかった!インプラントの謎

どんな歯科治療でも費用は気になりますが、インプラントの場合、すごくの費用を要することは確かです。
保険適用の可能性もゼロではありませんが、おそらく、相当厳しい条件をクリアしたのでしょう。自費診療としてはじめるしかないのがどうしても高額になってしまう原因(時にはこれを考えて改善することで、より良い未来へとつながっていくはずです)です。

インプラントの材質などを選び、極力安くしても十数万円、難しいケースでは治療全体で、その数倍の費用が必要になることを覚悟した上ではじめなければなりません。

代表的なインプラント適用のケースは、周辺の歯に関係なく治療したいという患者の要望がある場合です。
たとえば、ブリッジ治療をするためには両隣の歯は義歯の支えになるので、1周削ることになります。これに対しインプラント治療は、失った歯に見合った人工歯根を骨に埋めていくため、周辺の歯には関係なく失った歯だけを再生できるでしょう。他の歯を削って義歯を入れるのは抵抗があるという要望がある方には歯科医からインプラント治療をすすめられるはずです。インプラント治療による危険性を広く調べ立と思いますが、その情報に、インプラントを埋め込んだ後は、頭部のMRI検査を受けられないという問題はありませんでしたか。

それはちがいます。MRI検査とは、身体に磁気を当てて画像を創ることです。金属に反応し立ところの画像は乱れてしまいます。インプラントの場合、あごに埋まる部分はチタンかチタン合金なので金属ですが、磁気には反応しません。

検査で問題になることはまずありません。

インプラント治療は多くのケースでとても有効ですが、そのマイナス面も知らなければなりません。最大のデメリットは費用が高額になることです。

治療の内容や、インプラントの材質によっては数十万円かかるケースもある為す。
アトは、治療が失敗し立とき、取り返しがつかない健康被害が起きるリスクも背負っています。まれな症例として、死亡事故も実際に報告されています。

気になるインプラント手術の内容とは、「インプラント(埋め込む)」という意味の示す通り、穴を開けた顎骨に金属製の人工歯根を埋め込み、そして専用のパーツを用いて義歯を固定するという手術です。

その他の手段、たとえば入れ歯と比較すると、自分の歯のように自然に食べ物を噛むことができ、見た目も義歯とは分かりません。インプラント治療には、歯科医、歯科技工士といった医療スタッフの卓越した技術が必須といえるでしょう。

それだけ多くの手間や高価な材料が用いられた治療ということです。

いわば「贅沢」な治療といえるので、保険は利かず自由診療となります。

どんな治療法にもリスクや問題はありますが、インプラント治療の最大のリスクは治療に失敗した場合、再度同じ治療を行えなくなる点です。入れ歯、ブリッジ、クラウンなどの義歯と異なり人工歯根は完全にあごの骨と結合しなければならないので万一、人工物のインプラントと自分の骨が周辺組織によってなじむことなくインプラントの定着がみられなかった場合、同じ穴に再びインプラントを埋入する事ができず、再手術して、骨を大きく削り直すことになります。

埋入するのもリスクがあって、埋入部分周辺の神経損傷というリスクもある為す。

歯科治療で手術を受けたことがない方には、インプラント埋入手術はどれだけ痛いだろうと心配になると思います。どこの歯科医の手術でも、耐えられないほどの痛みを感じることはまずありません。

局所麻酔とは言え、しっかり効いたのを確認してから手術の本番に入るためです。
麻酔が切れれば、処置の仕方によってだんだん痛くなってくることもありますが、化膿止めと一緒に、痛み止めも処方されていますので長い間痛みに苦しむことはほとんどないと言えます。

さまざまな条件によって、インプラント適用になるとは限らず、検査の結果を見て、これ以上の治療はできないといわれることもあるでしょう。

しかし、所以として「あごの骨に十分な厚みがない」ことや「あごの骨のサイズが足りず、インプラントを入れられない」であれば決してあきらめる必要はありません。

歯科医の腕と設備次第で、すごく困難なケースでも治療ができるようになっています。
現状での最先端治療が受けられるよう、できる範囲で探して、問い合わせてみましょう。